ドロップスクリーン(アレルギー検査)

ドロップスクリーン
(アレルギー検査)とは

ドロップスクリーンとは、指先から血液を1滴採取するだけで、食物アレルギーや花粉症などの吸入系アレルギーの計41項目について調べることのできるアレルギー検査です。

痛みが少なく、小さなお子様でも安心

採血の量はわずか20uL(マイクロリットル)で、従来のアレルギー検査で5ml以上の採血が必要であったことを考えると、250分の1以下の量で済むことになります。
注射器ではなくスタンプ型のキットの小さな針で採血するため、痛みが少なく、注射器をこわがる小さなお子様でも安心して受けられます。

30分後には結果が分かるので、速やかに治療を開始できる

検査結果は、30分後には分かります。この点も、結果が分かるまでに1週間程度を要する従来の採血によるアレルギー検査と大きく異なる点です。
診断名がつけば、多くはその日のうちに治療を開始できます。

ドロップスクリーン
(アレルギー検査)の検査方法

スタンプ型のキットの小さな針を指先に刺し、血液を1滴だけ採取します。
採取した血液を測定装置(DropScreen A-1)にセットすれば、30分後に結果が出ます。
※採血量を必要最低限にしているため、測定装置にエラーが出た場合など、再度採血をお願いすることがあります。

ドロップスクリーン
(アレルギー検査)で分かる項目

食物系アレルゲン(22項目)
卵白・オボムコイド
牛乳 ミルク
小麦 小麦
豆・穀物・種・実 ピーナッツ・大豆・蕎麦・米・胡麻
甲殻類 エビ・カニ
魚類 サバ・マグロ・サケ
肉類 鶏肉・牛肉・豚肉
野菜・果物 トマト・バナナ・キウイ・リンゴ・桃
吸入系アレルゲン(19項目)
樹木 スギ・ヒノキ・ハンノキ・シラカンバ
イネ科花粉 カモガヤ・オオアワガエリ
雑草花粉 ブタクサ・ヨモギ
室内塵 ヤケヒョウヒダニ・コヒョウヒダニ・ハウスダスト
動物 猫、犬の皮屑
昆虫 ゴキブリ・蛾
真菌 アルテルナリア(ススカビ)・アスペルギルス(コウジカビ)・カンジダ
その他 ラテックス

検査の流れ

1問診・診察

医師が問診と診察を行います。
どのような時に、どのような症状が出るのかを、詳しくお聞かせください。
また、アレルギーの原因(特定の食べ物・花粉・ハウスダストなど)について、何か思い当たるものがあれば、医師にお伝えください。

2採血

スタンプ型のキットで、小さな針を指先に刺し、血液を1滴(20uL)採取します。

3判定

採取した血液を、測定装置にセットし、41項目のアレルギーについての判定を行います。
所要時間は、約30分です。

4結果説明・診断・治療開始

その日のうちに、結果の説明と診断ができます。
診断名がつき、当院の提案する治療方針にご同意いただけましたら、速やかに治療へと移ります。

ドロップスクリーン
(アレルギー検査)費用

内容 費用(税込)
ドロップスクリーン(アレルギー検査) 約5,000円
expand_less
072-627-0777 WEB予約